働きたくない… | うつ病になると自殺願望が出てくることもあります

生きる価値がないと思いこんでしまっていました

スポンサーリンク

 

うつ病になると、
まずうつ病になった自分を責めてしまい、
自分なんか生きる価値がない
と思い込むようになります。

 

 

生きていてもみんなに迷惑をかけるだけだ…
自分などいなくなったほうがみんなのためだ…
自分もそのほうが楽になれる…

 

などと、気持ちがどんどん悪い方に
転がっていってしまうのです。

 

 

実際、うつ病になった人の大半が
自殺願望を持っていますし、
そのうちの何%は、具体的な方法まで
計画していたりします。

 

 

ですから、直接「死にたい」とは言わないまでも

 

生きていても良いことはない…
自分を消してしまいたい…

 

などと言ったことをもらすようなら、
軽く受け流したりしないようにしましょう。

 

 

うつ病と診断された人は、
ほとんどの人が死について考えていると思ってください。
軽いうつ病でも油断は禁物です。
そんなに思いつめていないように見えても
心の中では死にたいと思っていることもあります。

 

 

しかし、死にたいと思っているうつ病患者も
心の中では「死んではいけない」とも思っています。
そんなときに、うつ病患者を思いとどまらせるのは
家族や友人など、

 

「自分が死んだら悲しむ存在」

 

もしくは、

 

「自分が生きていると幸せになれる存在」

 

です。

 

 

ですから、日ごろから

 

「死のうなんて思わないでね。」

 

といった、愛情を込めた言葉を伝えておきましょう。
それが、最悪の事態を避けるための
唯一にしてとても効果的な方法なのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>朝が一番つらい… | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ