働きたくない… | うつ病になると物事を悪い方へ考えます

物事をすべて悪い方へ考えてしまっていました

スポンサーリンク

 

私も含め、うつ病になりやすい人は
一つのことにこだわる傾向が強いです。
ですから、何か問題が起こった時は
そのことで頭がいっぱいになってしまいます。

 

 

誰かの意見を聞いてみようとか
事態が変わるのを待とうというような
気持ちの切り替えができません。
そして、特に解決策が浮かばないまま
思考が堂々巡りをしてしまったりします。

 

 

悩んでも結論が出ないので
「出口のない暗いトンネルに迷い込んだ」
ような絶望的な気持ちになってしまうのです。

 

 

そのようなときは、
あれこれ頭の中で考えるのではなく、

 

自分は何に対して不安を感じているのか
どんなときに気持ちがふさがってしまうのか
どんなことに意欲がわかないのか

 

と言ったことの回答を
具体的に紙に書き出してみましょう。
そうすることで、自分の置かれている状況を
客観的に見直すことができます。

 

 

ちなみに、完璧主義で粘着気質の人は
考え方の幅が非常に狭いので
物事に対する評価が0点か100点
どちらかしかありません。

 

 

100点でなければ0点という思考で
仕事を終えたときも
何か一つでも満足できないことがあると
すべてが失敗だったと思ってしまいます。
そして、うつ病になるとその傾向はますます強くなるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>人の話が頭に入らない | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ