働きたくない… | うつ病になると体が重く感じて動けなくなります

体が重くて、何もしていないのに異常に疲れました

スポンサーリンク

 

別に疲れるようなことをしているわけではないのに
うつ病になると、身体が異常に重く感じられて
実際に動きが鈍くなります。

 

 

この時の疲労感を表現すると
「背中に重いものがのしかかっている感じ」
で、肩こりがひどく、身体がしゃきっとせず、
力が入らなくなります。

 

 

朝方、ふとんから出られないのも
このだるさが原因の一つでした。

 

 

また、何とか起き上がって
普段通りの生活をしようとしても
少し動いただけで異常に疲れてしまい
長続きがしません。
そして、ため息をついて座り込んでしまったり
布団にドサーッと倒れこんでしまいます。

 

 

このことは、抑制が強く働いていて
体が動かなくなるのが原因のようです。
そしてひどくなると、まったく身動きができない
無反応状態になることもあるようです。

 

 

また、肩こりや背中の痛みに加えて
頭痛や関節痛、手足のしびれ感も現れました。

 

 

これらは、脳内物質の変調によって
自律神経の働きやホルモンの分泌が
鈍ってくることが原因とも考えられています。

 

 

そのせいか、いつもはよく効く
市販の頭痛薬や鎮痛剤を飲んでも
いっこうに痛みはおさまりませんでした。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>早朝に目が覚める | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ