働きたくない… | 季節性うつ病ってどんな症状ですか?

Q.季節性うつ病というのはどんな症状ですか?

季節性うつ病というのは何ですか?
どんな症状なのですか?

 

スポンサーリンク

 

季節が夏から秋に代わり、
寒い季節になると理由もなく寂しさを感じます。

 

 

そして、このような季節の移り変わりが
感情に影響をおよぼし
心の病へとつながってしまうのが
季節性うつ病です。

 

 

特に多いのが、
秋から冬にかけて気持ちが落ち込むタイプ
冬季うつ病とも呼ばれています。

 

 

うつ病というのは一般的に
睡眠時間が短くなったり
食欲が低下する特徴がありますが
この冬季うつ病では
逆に睡眠時間は長くなり、
食欲が旺盛になる
傾向があります。

 

 

さらに炭水化物や甘いものが欲しくなるので、
食欲の秋とばかりに太ってしまうケースもあります。

 

 

また、通常のうつ病は
午前中が最もつらい時間帯なのですが、
冬季うつ病に関しては午後から夜にかけて
辛いと感じるようになります。

 

 

さらに、抗うつ薬もあまり効果を得られません

 

 

この冬季うつ病は、日照時間が減り、
光を浴びる時間が短くなることで
生体リズムを崩してしまうために起こると言われています。

 

 

ですから、治療には1日1〜2時間、
早起きして朝の光を浴びたり、
人工的な強い光にあたるという
「光療法」が用いられることが多いです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.出社拒否症とは? | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ