働きたくない… | うつ病の家族へのタブーとは?

Q.うつ病の家族にしてはいけないこととは?

うつ病の家族にしてはいけないことはどんなことですか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病のときは、マイナス思考におちいっているため
的確な判断能力を持っていません。

 

 

こうしたときに、

 

転職・退職
引っ越し
結婚・離婚

 

などの大きな決断をしてしまっては
あとあとになって必ず後悔してしまいます。

 

 

ですから、まずはうつ病の患者には
重大な決定はさせないようにしてください
期限がどうしても決められていること以外は
必ず決断を先延ばしにするようにしてあげてください。

 

 

また、励ましたり叱ったりすることもNGです。
うつ病患者へ「頑張れ!」「しっかりして!」
などと声をかけることは絶対に避けてください。
それがあなたにとって、心からの善意であっても
本人は追い詰められた気持になり
ますます症状を悪化させます。

 

 

かといって、甘やかしすぎるのもダメです。
甘えることになれてしまうと、症状が長引くことがあります。
ですから、ある程度優しくしたら、
「病気を治すのはあなた自身」
軽く突き放すスタンスのほうが良いです。

 

 

また、お酒の量はほどほどにさせてください。
たとえば寝酒で飲酒をしている人は
だんだん飲酒が習慣化して
これまでの量では効果が得られなくなり、
最終的にアルコール依存症になってしまうことがあります。

 

 

うつ病になると、
心がとてもデリケートな状態になります
あなたにとって何でもない一言で
深く傷ついて症状を悪化させることもあります。

 

 

上記のようなうつ病の家族が守るべきルールを、
しっかり意識するようにしてください。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.自殺しやすい時期とは? | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ