働きたくない… | 抗うつ薬とはどのようなものですか?

Q.抗うつ薬とはどのようなものなのですか?

精神科で処方される「抗うつ薬」というのはいったいどのようなものなのですか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病の治療薬を「抗うつ薬」と総称します。
抗うつ薬は、症状や年齢、合併症の有無
などによって使い分けます。

 

 

一般に薬の効果というのはすぐには現れません。
じわじわと効いてきます
そこで、患者からすると、
少しもよくなっていないように感じるのですが、
効き目を感じないからといって
服用をやめてしまうのは厳禁
です。

 

 

抗うつ薬というのは、一定の血中濃度を保って
初めて効果が表れるものです。
ですから、薬の本当の効果が表れるのは
だいたい服用をはじめてから1〜2週間後です。
それまで医師は検査結果をふまえながら
症状に応じて薬の種類や量を決めていきます。

 

 

抗うつ薬というのは、たいてい副作用があります。
これを嫌がって自分の判断で量を減らしたり
飲まなくなってしまう人もいるようなのですが、
それではいつまでたってもよくなりません。

 

 

きちんと医師に指示された量を
忘れず飲み続けるようにしましょう。
そして飲み忘れたときは、その場で飲むようにしましょう。

 

 

だいたい、症状が安定しても
半年〜1年間くらいは服用を続けるのが普通です。
うつ病は再発する危険が高いですので、
良くなったからと言って勝手に薬を辞めてしまうのは
ぜったいにやめましょう。

 

 

ちなみに、抗うつ薬の副作用で代表的なのが
「口の渇き」です。
また飲み始めた当初は、けだるい感じに襲われます。
めまい立ちくらみを覚えることもあります。

 

 

また吐き気や胸やけ、便秘といった胃腸障害や
動悸、排尿困難、眼のかすみ、
肝臓や心臓の障害、皮膚の乾燥などがあります。

 

 

しかしほとんどの副作用は一時的なものです。
多少の副作用なら、我慢して服用を続けるようにしましょう。

 

 

そして、どうしても副作用がきついようなら
医師に相談するようにしましょう。
別の薬を処方してくれるかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.うつ病の家族が気を付けることとは? | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ