働きたくない… | うつ病を自己判断する基準とは?

Q.うつ病を自己判断する際の基準はありますか?

自分がうつ病であることを判断する基準はありますか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病かもしれないと思った場合は
すぐに専門医に診てもらうことが大切です。

 

 

ただし、自分がうつ病かどうかを判断するのは
なかなか難しいものです。
以下の5つの変化に注意して
あてはまるようなら、迷わず受診するようにしましょう。

 

 

@感情面の変化

 

なぜか楽しい気分にならない、
いつも憂うつでむなしい、
将来に対して希望が持てない、
生きているのもつらい、

 

などといった感情が現れたらうつの兆候です。
これらはとくに早朝に強く表れて
午後になるとましになっていきます。

 

 

A思考面の変化

 

思考が停滞してしまい、考える力がなくなった。
集中力や記憶力も低下してしまった。
といった症状がでると、うつ病の兆候です。

 

なぜか頭が悪くなったと感じるようになります。

 

 

B意欲面の変化

 

何をするのにもおっくうになります。
気力がわかなくなり、いろいろなことに対する
興味や関心もわかなくなります。

 

判断力も低下するので、
小さなことでも自分では決められなくなります。

 

 

C身体面での変化

 

体がだるく、疲れやすくなる。
食欲が低下し、睡眠障害も現れます。

 

とくに早朝に猛烈な不安感に襲われる
早朝覚醒が起こります。

 

また、頭痛、肩こり、めまい、便秘など
自律神経系の不調も現れます。
性欲も減退します。

 

 

D行動や態度の変化

 

人を避ける
家事がたまる
派手な色を嫌う
本や新聞を読まなくなる
ささいなことでイライラする
身だしなみがだらしなくなる

 

など、日常生活を送るうえで
様々なサインを送るようになります。

 

こういったものは、本人よりも
周りの人のほうが変化に気づきやすいものですので、

 

「最近、○○だね。」

 

といったことを言われたら、否定せずに、
念のため気に留めておくようにしましょう。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.何科にかかるべき? | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ