働きたくない… | うつ病患者は増えているのですか?

Q.うつ病の患者は増えているのですか?

うつ病の患者は増えているって本当ですか?

 

スポンサーリンク

 

うつ病というのは、
世界中どこにでもある心の病気です。

 

 

かつてはアフリカでは少ないと言われていましたが
最近ではアフリカでも決して珍しい病気では
なくなってしまいました。

 

都会に住んでいるか?田舎に住んでいるか?
学歴は高いか?低いか?
信仰は厳しいか?そうでもないか?

 

などといったことで、
症状の程度や内容は異なりますが
どの地域に住む、どの民族でも
うつ病にかかる人というのは存在します。

 

 

そして、そのうつ病というのは
世界各国で年々増え続けているのです。

 

 

しかしそれでも、どの程度増えているのかを
具体的にすることはとても困難です。
それは、「軽症うつ病」の診断が難しいからです。

 

 

うつ病の患者としてカウントされている人は

 

「現在、うつ病の治療を受けている人」

 

だけであって、

 

「うつ病とは認識していないが何らかの受診をしている人」
「症状があるのに、うつ病の自覚がなく受診もしていない人」

 

などはカウントされていません。

 

 

ですから、現在はWHO世界保健機構が
うつ病患者は世界人口の3%と発表していますが
実際はもっと多いのかもしれません。

 

 

そして、本来なら治療を受けるべき人が
治療を受けられていなく、
今なお病に苦しんでいるという状況が
この日本でもいたるところで起こっているのです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

>>Q.ただの「落ち込み」との違いは? | 働きたくない 次のページへ

 

>>働きたくない…うつ病克服体験記 トップページへ